ホーム > タグ > Z68 Professional Gen3

Z68 Professional Gen3

ASRock Fatal1ty Z68 Professional Gen3 レビュー企画 ~MonsterXXで1080p 60fps ロスレス録画に挑戦~

本記事では、マスタードシード株式会社様より、Sandy Bridge 対応マザーボード ASRock Fatal1ty Z68 Professional Gen3 をお借りしたので、このマザーボードと SKNet のHDキャプチャーカード MonsterXX を用いて 1080p 60fps(フルHD)録画環境を構築し、レビューしたいと思う。

先ず経緯について話すと、TGNでフルHDによるゲームプレイ動画を作成する機会があり、なおかつロスレスでの録画が可能な環境を構築する必要が出てきた。従来のHDキャプチャーカードは、HDと言っても殆どが 1080i までの対応なのだが、この度 SKNetよりフルHDキャプチャが可能なボード「MonsterXX」が発売された。今回の企画におあつらえ向きなボードなので、筆者も早速入手した次第である。
MonsterXX は、その必要とされる転送帯域の大きさから、PCI-E x4 接続となっている。経験上、HDキャプチャーカードはマザーボードとの相性問題を抱えている事があり、製品によっては動かないと言った事も考えられる。果たして、Z68 Professional Gen3 でちゃんと動作するのだろうか。検証していきたい。

また SKNet 曰く、フルHDでの安定した録画には、ハードディスクに 500MB/sec のアクセス速度が必要とされている。無論 RAID でストライピングを組む必要があるが、そんなんで追いつくかどうか。今回 Western Digital Caviar Black 1TB を2台用意したので、こちらでストライピングを組んだ場合どれだけの速度が出るか。そして、フルHDのロスレス録画が可能なのか、検証していく。

更におまけとして、Sandy Bridge は非常にOCしやすいCPUだと聞いている。筆者もゲームPCとして Core i7 920 を 4G 常用している身なので、今回のマシンも是非OCして、可能な限りエンコード速度を稼ぎたい。状況が許すならOCにもチャレンジしてみたいと考えている。但しお金はかけず無理そうだったら諦める方向でね!

Continue reading

Home > Tags > Z68 Professional Gen3

Search
Partners

Asagaya/Loft A

ドスパラ

株式会社 成

GODSGARDEN

AoE3 JP Community

Strike

Playse

秘密基地GAMES

Friends

NVIDIA

アークPC

ARTISAN

BenQ Japan

CyAC

DHARMA POINT

HORI

Kingston

LG

MadCatz

negitaku.org

NVIDIA

RAZER

ROCCAT

Shuttle

steelseries

UMAX

Zowie Gear

Feeds
Meta

Return to page top